会則

第1章 総 則

第1条(名称)
この学会は日本獣医がん学会(英名:Japan Veterinary Cancer Society、略称:J.V.C.S)と称する。
第2条(事務局)
会の事務局は別途定める。

第2章 目的および事業

第3条(目 的)
本会は我が国における獣医腫瘍診断・治療学の発展と推進に寄与することを目的とする。
第4条(事 業)
前条の目的を達するために、次の事業を行う。
1)会員の研究発表会、学術講演会、技術講習会等の開催。
2)機関誌その他の出版物の刊行。
3)内外の関連学術団体との連絡提携
4)腫瘍臨床例の集積、その他の目的を達するために必要な事業

第3章 会 員

第5条(会 員)
前条の目的を達するために、次の事業を行う。
本会の会員は次の通りとする。
1)正会員
 本会の主旨に賛同し年会費を納入した個人。
2)準会員
 本会の主旨に賛同する大学院生、大学の研究生、研修獣医および学生等で年会費を納入した個人。
3)賛助会員
 本会の目的及び事業に賛同し、賛助会費を納入した団体またはその代表者。
4)名誉会員
 本会に功績があったと認められ総会で決定された会員。
 ただし、3)および4)の会員は当会で行われる選挙の被選挙権および選挙権を有さない。
第6条(入 会)
本会に入会を希望する者は、所定の入会申込書に年会費を添えて申し込むものとする。
第7条(資格の喪失)
会員は次の理由によって資格を喪失する。
1)自主的な退会。
2)2カ年以上年会費を滞納の場合。
3)本会の名誉を著しく損なう行為があった場合で理事会、評議員会で議を経た者。
第8条(会 費)
正会員、準会員ならびに賛助会員は別に定める年会費を納入しなければならない。
既納の会費はいかなる事由によっても返還しない。名誉会員からは会費を徴さない。

第4章 役 員

第9条(役 員)
1)会 長 1名
2)副会長 2名、ただし、会長が必要と認めた場合にはこの限りではない。
3)監 事 2名
4)理 事 20名以上25名以内(うち会長、副会長)
5)会計幹事 1名
第10条(役員の選任)
1)会長は正会員の互選により、総会の承認を受ける。ただし、選挙を行う場合には別に定めた会長選挙規定に準じて行うものとする。
2)理事は評議員の中から選任し、総会の承認を受ける。
3)副会長は会長の指名または理事の互選により選任し、総会の承認を受ける。
4)会長は評議員の中から若干名の理事を指名することができ、総会の承認を受ける。
5)監事および会計幹事は評議員の中から選任し、いずれも総会において承認を受ける。
第11条(役員の兼務)
1)会長は本会の業務を総理し、本会を代表する。
2)副会長は会長を補佐し、会長に事故あるときは職務を代行する(副会長間で互選し選出する)。
3)理事は理事会を組織して会長を補佐し、この学会の運営に当たる。
4)事務局は理事会の協議決定に基づき学会運営の実務を司る。
第12条(役員の任期)
1)本会の役員は4カ年とし、再任を妨げない。
2)中途補充された役員は前任者の残任期間を務める。
3)役員は任期満了後も後任者就任まで職務を務める。
4)役員については会員の3分の2以上の署名をもって解任できる。

第5章 評議員及び名誉会員

第13条(評議員)
1)評議員は正会員の中から別に定めるところにより選出し、総会の議を経て承認を受ける。
2)評議員は評議員会を組織し、理事会の諮問事項を審議する。
3)評議員の任期は4カ年とし、再任を妨げない。ただし、会員の3分の2以上の署名をもって解任できる。
第14条(名誉会員)
学会活動に功績のあった会員を名誉会員とすることができる。名誉会員は理事会が推薦し総会において承認を受ける。

第6章 会議および委員会

第15条(会 議)
本会には次の会議を設く。
1)理事会
2)評議員会
3)総会
第16条(理事会)
1)定例理事会は年2回とし、その他は会長が必要と認めたとき、又は、理事総数の2分の1以上の要請がある場合に招集する。
2)理事会の議長は会長とする。
3)理事会は定員の3分の2(委任状を含む)以上の出席で開催され、出席者の
2分の1以上の賛成をもって議決する。
4)監事は理事会に出席して意見を述べることができる。
第17条(評議員会)
1)定期評議員会を毎年1回以上定期総会の前に行う。
2)評議員会の議長は会長とする。
3)評議員会は出席者の2分の1以上の賛成をもって議決する。
4)評議員の3分の2以上からの要請があった場合、会長は臨時評議員会を開催しなければならない。
第18条(総 会)
総会は次の定めに従い行う。
1)総会は正会員、準会員、賛助会員および名誉会員で構成する。
2)定期総会は毎年1回会長が招集する。
3)臨時総会は、会長又は理事会が必要と認めたとき、何時でも招集できる。
4)総会では当該年度の事業報告および収支決算、ならびに次年度の事業計画および収支予算案、その他理事会が必要と認めた事項について承認をうけなければならない。
5)総会は出席者の2分の1以上の賛成をもって議決する。
6)総会の議事ならびに議決事項は会員へ伝達する。
第19条(委員会)
1)本会には事業の円滑な運営のため、委員会を設くことができる。
2)委員会の設置および解散は、理事会の議決による。
3)委員長は会長が委嘱する。
第20条(資 産)
この学会の資産は次のとおりとする。
1)別に定める年会費および賛助会費
2)事業に伴う収入
3)寄付金
4)その他の収入
第21条(資産の管理)
本会の資産は会長が管理し、その方法は理事会の議決による。
第22条(会 計)
1)この学会の経費は、会費その他の収入をもってこれに当てる。
2)この学会の会計年度は4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

第7章 その他

第23条(規則の変更)
本会の規則は、理事会および評議員会の議決を経たのち、総会の承認を受けて変更することができる。
第24条(解 散)
本会の解散は総会で決するものとし、出席者(委任状を含む)の4分の3以上の同意を得なければならない。
第25条(付 則)
この会則は平成21年4月1日より施行する。
運営規定
1)会費について
年会費は正会員10,000円、準会員5,000円、賛助会員50,000円とし、4月1日より翌年の3月31日までの費用に充当する。催事にかかわる費用は別に徴収する。
2)理事の選出について
評議員の互選および会長推薦により選出する。

 

日本獣医がん学会会長選挙細則

2012年1月29日制定
第1条(趣旨)
     この規則は、日本獣医がん学会会則第10条1)に基づき、日本獣医がん学会会長選考に関する選挙細
      則を定める。
第2条(選挙機関)
     日本獣医がん学会会長(以下「会長」という。)の選挙は、日本獣医がん学会事務局(以下「事務局」とい
      う.)が本規則により行い、総会の議を経て決定とする。
第3条(選挙権)
     会長選挙公示日における、日本獣医がん学会(以下「学会」という。)評議員は、選挙権を有する。
第4条(被選挙権)
   公示日における学会正会員は、会長の被選挙権を有する。
第5条(選挙の実施)
  1)選挙は、学会総会において必要と認められた時に行う。
     2)選挙は、被選挙権を有し立候補した者に対する無記名単記投票によって行う。
     3)選挙は、次の各号のいずれかに該当する投票を無効とする。
     (1)所定の用紙を用いないもの
     (2)立候補者以外の氏名を記載したもの
     (3)2人以上の氏名欄に記載したもの
     (4)白票
     (5)記載した内容が確認し難いもの
第6条(当選の条件と決選投票)
     1)選挙において、最多得票を得た者を当選人とする。
     2)前項において、最多得票者が2名以上の場合は、決選投票を行う。
第7条
     立候補者1名の場合は、選挙は実施せず、次回の評議員会で出席者の過半数以上の信任をもって承認と
     する。
第8条(細則の改正)
    この細則の改正は、総会の議を経て、事務局が行う。
付 則
       この規則は、2012年2月1日から施行する。

ページの先頭へ戻る