事務連絡

2021年度認定医試験 実施について

獣医腫瘍科認定医試験 受験の皆さま
 
2021年9月21日(事務局)
認定医試験を事前、当日に欠席される場合の受験料返金基準を記載しています。
認定医試験欠席における特別措置について はこちら
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  
2021年9月10日
 
一般社団法人日本獣医がん学会
獣医腫瘍科認定医認定委員会
委員長 呰上 大吾
 
2021年度獣医腫瘍科認定医試験の開催見込みについて(第2報)
 
早いもので、2021年度獣医腫瘍科認定医認定試験まであと1ヵ月となりました。
 
現在、新型コロナウイルス感染症の第5波に伴い全国的に病床使用率と重症者数が高い水準が続いております。
そのため政府は東京を含む19都道府県における緊急事態宣言を9月末日まで延長することを正式決定しました。
 
ただし、日本全国における新規感染者数は減少傾向を示しており、緊急事態宣言下におけるイベント開催制限の条件は変更ありません。
これを受け、2021年度獣医腫瘍科認定医認定試験について十分な感染対策を施した上で開催する方針に変更はありません。
 
国や東京都による方針変更や天災(台風・地震など)による交通障害など、状況によっては認定医試験を中止する可能性もございます。
最新の状況は随時、本学会ホームページのお知らせ・事務連絡欄に掲載いたしますので、各自で確認をお願いいたします。
 
また、受験予定の先生におかれましては、日常生活における感染予防、体調管理、ワクチン接種などに努めて頂き、安全な試験実施にご協力を頂きますようお願い申し上げます。
以上。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
2021年8月24日
 
日頃より本学会にご協力をいただきまして、誠にありがとうございます。
 
今般の新型コロナウイルス感染拡大を受けまして、認定委員会および理事会では2021年度獣医腫瘍科認定医試験の開催について検討して参りました。
認定医2種講習会を兼ねる総合教育講演につきましては代替処置としてオンライン開催で対応しておりますが、認定医試験に関しては公平性を担保した上での代替処置が極めて困難であり、2020年度の認定医試験については中止とさせて頂きました。
 
しかしながら、当学会の獣医腫瘍科認定医制度は獣医腫瘍科の高度な専門知識と実践能力を備えた臨床獣医師を育成するものであり、一般社会における必要性は高いと考えております。
従いまして、東京都のイベント開催制限*を遵守し、十分な感染予防策を取った上で、現時点では2021年度の認定医試験を実施する方針となっております。
*https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/1009757/1009761.html
 
現在の感染拡大は未だ予断を許さない状況であり、2021年9月10日(金)の状況をみて、再度開催可否について判断いたします。
ただし、それ以降も国や東京都による方針変更や天災(台風・地震など)による交通障害など、状況によっては認定医試験を中止する可能性もございます。
最新の状況は随時本学会ホームページのお知らせ・事務連絡欄に掲載致しますので、各自で確認をお願い致します。
また、受験予定の先生におかれましては、日常生活における感染予防、体調管理、ワクチン接種などに努めて頂き、安全な試験実施にご協力頂きますようお願い申し上げます。
以上。
 
お問い合わせ先
日本獣医がん学会事務局
E-mail :office@jvcs.jp
TEL : 090-7848-2959
ページの先頭へ戻る