認定医とは?

 

臨床腫瘍学分野の向上・発展を目指すとともに、一般臨床的知識と高度な専門知識および実践能力を備えた臨床獣医師となることを目的とし、日本獣医がん学会の定める資格を有し、本学会の実施する認定医試験に合格した者。
 

認定医II種

腫瘍診療のための専門知識および一般臨床知識を有する者。
 

認定医I種

腫瘍診療の専門知識および一般臨床知識を有し、且つ実践的に診断・治療を行う能力を備える者。

 

認定医II種の先生方へ認定委員会からの重要なお知らせ

 日本獣医がん学会は研究会から学会に移行する際に、認定医制度規程に「認定医制度規程8(5):細則 日本獣医がん学会獣医腫瘍科認定医資格の有効期限・更新・失効」を設けており、全会員に対する「学会移行に伴う重要なお知らせ」の送付、および学会ホームページに「日本獣医がん学会獣医腫瘍科認定医制度規程」を掲載し、会員に周知してきました。特に認定医II種に関しては更新条件として下記項目を課しております。(詳しくは上記‘規程はこちら‘をご参照ください。

(1)有効期限内の4年間に8回開催される本学会に4回以上出席し所定の教育プログラムを受講する。

(2)上記の出席・受講回数に満たない場合、本学会発表または本学会雑誌投稿1回を学会出席・受講1回分とみなす。

 現在、学会移行後2年が経過し、4回の学会が開催されております。なお、学会出欠の判断は、学会当日受付での登録により確認しており、個人の申告は必要ありません。また、認定医の先生方には新認定医手帳を購入していただき、登録証明印や有効期限を記す印などの捺印が必要ですので、学会1日目の総合教育講演(認定医II種講習)受付にお立ち寄りください。なお、講演開始前は混雑いたしますので、この時間帯は避けていただくようお願いいたします。

                                日本獣医がん学会獣医腫瘍科認定医認定委員会

 

お問い合わせ先
日本獣医がん学会事務局
E-mail :office@jvcs.jp
TEL : 090-7848-2959
ページの先頭へ戻る